コーヒー豆の焙煎を教えてくれる所を探しています

2019年焙煎教室の探し方(考え方)



焙煎教室は、よく見ると

機械の使い方講座」と「売れる商品の作り方講座

の2種類があります。

焙煎教室を受けたのに、その後も2年も焙煎修行をやっているそうです。
焙煎修行とは、どんなコーヒーが出来るのかと暗中模索している状態で
完成形になるのは、7年から10年。これが普通です。

ただ単に機械の使い方だけを教わっているので、「焼けるんだ」で
終わってしまっているんです。非常にもったいない話です。

プロを養成する講座なら、受講後は修行しないで済むような講座にしないと
意味ありません。

プロ =「あなたのコーヒー以外、もう飲めません」

と言う人になることですからね。

コーヒー豆が焼ける事は必須ですが、売れる商品が作れるようにならないと
プロの焙煎士と呼べません。
ですから、売れる商品の作り方講座をやっている焙煎教室なら、どこでも良いと考えます。


あと、もう一つ。
「コーヒー豆の正体を教えてくれるところ」(本当の意味で点ではなく、線で教えてくれるところ)

なら、どこでも良いと考えています。(これを知ると人生が変わります)


簡単な実験です。今すぐgoogle検索で「コーヒー豆の正体」と検索してください。
人生1ミリも変わりませんから。

それは、点での情報知識としてしか、調べる事しか出来ないからです。
点と点を線で結んで調べると、完全に人生が変わりますよ。

「えっ、そんなこと教えてもらっていいんですか?」

になりますよ。(何人もこの言葉を受講中言っていますから)

なのでこの2点の視点で焙煎教室を探してみてください。(1日でプロになりたければ)

・焙煎教室の選び方 
http://baisenxxx.blog10.fc2.com/blog-entry-798.html



短期間で焙煎を学びたい人は、資料請求してください。


資料請求 ←クリック